在宅ワークで稼ぐ秘訣

在宅ワーク主婦の理想と現実【在宅ワーク歴2年目の実態】

在宅ワーク主婦の理想と現実
女性の口コミ
女性の口コミ
子育てしながら家でお仕事に憧れる!
在宅ワークに興味はあるけど、現実はどうなんだろう?
ネットでは「在宅ワークは最高」みたいな良いことしか聞かないけど、それって本当なの?

こんな疑問にお答えします。

 

この記事では、実際に在宅ワークをしている主婦の方の意見をリサーチし、在宅ワーク主婦の理想と現実を解説します。

 

「在宅ワークに興味がある」という方へ、このリアルな現実を知ることで、すぐ挫折することなく正しい知識の元で、在宅ワークを可能にできます。

みみ
みみ
実際に私は、0歳児の子育てをしながら在宅ワークを実現することができました。
記事後半では、私のリアルな在宅ワークの様子をお伝えします

在宅ワーク主婦の現実【理想編】

「主婦が在宅でお仕事」と聞くと、ハードなイメージより良いイメージがあるかと思います。

 

例えば、
・子供はお部屋で自由に1人で遊んで楽しんでいるママはその隣でゆっくりとお仕事

・お仕事の合間に、一緒に遊んだりして子供との時間も両立できる

など、こんなイメージを抱いていませんか?

 

では、実際はどうなんでしょうか?
次にリサーチした結果を元に「在宅ワーク主婦の現実」をまとめてみました。

在宅ワーク主婦の現実=想像以上にハード!

こちらでは、在宅ワーク主婦の現実をネットで多く見られた意見をまとめてみました。

 

結論から先に言うと、

みみ
みみ
在宅ワークの理想と現実には大きなギャップがある!!

なぜなら、下記のような主婦の意見がとても多かったからです。

 

 

✔︎在宅ワーク主婦の現実

・最初はとにかく収入が低い
・子供が起きている時は作業は無理
(作業時間は早朝か夜中)
・唯一集中できる時間は子供向けのEテレの時間帯
・まともに仕事はできない。
(大体の子はかまってちゃん)
・思い切り作業ができない!
・少ない睡眠時間
・気付けばブラック企業並
・稼ぐなら、時間の自由は全くない
・ノルマや納期の見積もりはハード
・生半可な気持ちではできない
・入力だけで毎月ウン万円は無理
・毎月コンスタントに稼ぐなら、
よっぽどのスキルや実力がないと無理
・事故や病気など家庭の事情は考慮されない
・仕事とプライベートの境目はない
(社会に出た方が楽。きっちりやすめるから)
・運動不足になりがち

ズラっと現実を書いてみましたが、見るだけでも疲れてくるのではないでしょうか?

 

夢みた在宅ワークの理想とは、だいぶかけ離れているといのが理解できたかと思います。

 

社会に出て働いた経験がある主婦の意見で多いのが、

女性の口コミ
女性の口コミ
普通に会社で働いた方が楽

という声が多くみられました。

 

それでも、なぜ在宅ワークをするの?と疑問に持ちますよね。
次は、なぜ大変な思いをしながらも在宅ワークを選択するのか?その理由を解説します。

主婦が在宅ワークを選択する理由

上記でお伝えしたように、
在宅ワークは想像以上のハードなお仕事

それなのに、在宅ワークをなぜ選択するのでしょうか?

こちらについて詳しく解説していきます。

在宅ワークを始めた理由

そもそも在宅ワークを始めた理由は何なのか?についてリサーチした所、下記のような意見が圧倒的に多かったです。

 

✔︎在宅ワークを始めた理由

・経済的に自立したい
・保育園からの呼び出しが多い

特に多かったのが、保育園からの呼び出しが多い。

 

✔︎子育て中の在宅ワークママによくある例

保育園に預けてお仕事へ

預けても熱や体調不良で保育園からの度々の呼び出し

その度に、上司や同僚に謝罪し、会社を早退

保育園へ急いでお迎え

特に子供が小さいとこれが何度もあります。
自分の仕事どころか、他の人へも迷惑をかけてしまう。
それがママにとっては大きなストレスになるのです。

 

反対に自宅で仕事ができれば、いつでもお迎えに行けて、職場へのストレスがなくなるというのが在宅ワークを選択する大きな理由となるのです。

主婦がハードな在宅ワークを続ける理由

これまでに、在宅ワークは想像以上にハードです。とお伝えしていますが、それでもなぜ「在宅ワーク」という道を選択するのか?その理由を解説します。

 

✔︎主婦がハードな在宅ワークを続ける3つの理由

1.思った以上に楽しくやりがいがある
2.時間に無駄がない
3.すべてが自由

1.思った以上に楽しくやりがいがある

大変だけど、仕事にやりがいを感じているから

 

お仕事に対してやりがいを感じるというのは、仕事をする上でかなりの原動力になりますよね。

そのおかげで、生活にもメリハリがつき、家事・子育てのストレスも仕事をすることで切り替えられるそうです。

2.時間に無駄がない

移動時間がなく、拘束時間=勤務時間に決まりがない

ですが、理想=現実とはいかないけど概ね満足してる方が多いようです。

3.すべてが自由

在宅でお仕事なので、すべてが自由

自分のタイミングで仕事ができ、休みたい時に休むことが可能
気分次第で働けるというのが在宅ワークの魅力ですね。

 

在宅ワークは理想通りにはいかないけど、『自由』を得られるというのが続ける1番の理由のようですね。

在宅で得られる収入は「5万円以下」が最も多いのが現実

1番気になる在宅ワークで得られる収入額は、最も多いのが「5万円以下」という厳しい現実

 

✔︎在宅ワークの仕事による平均的な月収(1ヵ月あたりの手取り)
1位「5万円以下」が 最も多く(27.7%)
2位「10〜19万円」(18.5%)
3位「6〜9万円」(18.0%)

こちらのデータは、厚生労働省がまとめた資料在宅ワーカーのハンドブック(厚生労働省)より

在宅ワーク危険なサイトの見極め方

在宅ワークの紹介サイトの中には危険なサイトがあるので、きちんと見極めることが重要です。

 

✔︎どんな事に注意すべきか?

みみ
みみ
・事前に高額な登録料・教材費などの支払を要求
・誰にでもできる簡単な仕事で高収入が得られると謳っている

 

在宅ワークで簡単に楽に稼げるような「うまい話」は普通に考えてあり得ません。
契約する際は、条件は十分に確認し、内容は契約書などの書面できちんともらうことをおすすめします。

在宅ワークで危険な目にあった際は、下記の消費者ホットライン:188(局番なし)に連絡しましょう。
※消費者ホットライン:188(局番なし)

安全な在宅ワークのサイト

こちらでは、安全な在宅ワークサイトについてご紹介します。

 

実際に私も利用したことがあるサイトになります。
ぜひご参考に読んでみてくださいね。

【2020年最新版・無料で始められる】 スマホで稼げる”安全な主婦の在宅ワークとは?”

主婦におすすめの在宅ワーク「データ入力」ってどんな仕事?稼げるの?

在宅ワークで稼いでみたい沖縄の主婦の方必見!在宅ワークを経験した私がおすすめする稼ぎ方

在宅ワーク歴2年目の実態

在宅ワーク歴2年目の私が実際に感じた「在宅ワークの現実」をお伝えします。

みみ
みみ
結論から言うと、
計画通りにはいかないけど、最高です!!!

 

その理由が、

・会社に出勤しなくていい
・上司や同僚を気にしなくていい
・自由に行動できる
・昼寝ができる
・保育園の呼び出しにすぐ対応できる
・自分のタイミングで仕事ができる
・会社員時代よりやりがいを感じる
・頑張り次第でたくさん稼げる

大まかに伝えるとこんな感じです!

在宅ワークの良さを知った以上、会社員には戻りたくないぐらい「在宅ワーク」の道を選択して良かったと思っています。

在宅ワーク主婦の理想と現実 まとめ

在宅ワーク主婦の理想と現実、今回の記事で少しは理解できたのではないでしょうか?

 

最後にもう一度確「在宅ワーク主婦の現実」をまとめてみます。

「在宅ワーク主婦の現実」をまとめ

・在宅ワークの理想と現実にはかなりのギャップがある
・オンオフきっちり休みたいなら会社員を選択した方が良い
・安定な収入を得るには時間がかかる
・すぐには稼げない
・ブラック企業並の労働時間
・やりがいは感じられる
・勤務時間の拘束がない(基本自由)
・自分のタイミングでできる

自由をとる分、リスクがあるのが在宅ワーク

稼げないうちは、自分との日々葛藤
それでも、在宅ワークを選択する理由があるのなら、根気強く続けていくことをおすすめします。

経験を積み重ねていくうちに、スキルも上がり仕事のオファーなど給料UPも期待できますよ。

 

私が実際に感じた在宅ワークのメリット・デメリットをまとめてみました。
こちらもぜひ参考になる内容ですので、読んでみてくださいね。
・在宅ワークってどうなの?在宅ワーク主婦の私が感じたメリット・デメリットを比較してみた。