女性の為のビジネス書

『習慣が10割』の書評・要約まとめ【習慣化する方法がコレ1冊で学べる】

『習慣が10割』の書評・要約まとめ
『習慣が10割』の要約を教えてほしい!どんな人におすすめ?

という疑問にお答え

 

本書は、NO.1習慣形成コンサルタントの吉井雅之(ヨシイマサシ)さんが2018年に出版した書籍

結論から言うと、

今の環境は自分の習慣化で作られています。過去は変えられないけど、未来はこれからの自分の習慣化によって変えられる

 

習慣化が日常でどれだけ大切なのか?という強いメッセージが書かれてる本になります。

 

本を読めば、習慣化の大切さを知り、理想としてる未来を現実にする為に、どんなことを習慣すべきなのか知ることができます。

『習慣が10割』基本情報

『習慣が10割』の基本情報をお伝えします。

 

書籍:習慣が10割
著者:吉井雅之(ヨシイマサシ)
出版月:2018年11月21日
1540円(税込)

 

✔️著者・吉井雅之(ヨシイマサシ)さんのプロフィールはこちら

No.1習慣形成コンサルタント
1958年神戸市生まれ。
マイナス思考で生きてきた自分に嫌気がさし、「習慣がすべてを決めている」という言葉に出会う。
もう一度だけやり直してみようと、ガソリンスタンドでアルバイトを始め、32歳にして数多くの能力開発セミナーに参加。
石油関連企業を中心に人材教育業務に従事。
2005年「人生の成果を一人ひとりが創り出せるお手伝いを志事とする」コンサルティング会社、有限会社シンプルタスクを設立。

 

 

✔️『習慣が10割』の目次
以下の5章で構成されています。

第1章 人生は「習慣が10割」
第2章 なぜ、あなたは続けられないのか?
第3章 意志が弱い人でも続く!「最強の習慣化」スキル
第4章 「脳の力」で、習慣を超強力にする
第5章 習慣の力で、「あなたの人生」が動き出す

 

kindleでは、No.2308まで量はありますが、個人的にはサクサクっと読めるぐらい、読みやすかったです。

『習慣が10割』要約まとめ

『習慣が10割』をサクッと理解するための要約を下記の3つのポイントでまとめてみました。

 

要約1.『習慣』が人生のすべてをきめている
要約2.継続できない原因
要約3.習慣化を最強にするスキル

 

では、1つずつ解説していきます。

要約1.『習慣』が人生のすべてをきめている

私たちの人生はこれまでの習慣でできています。

 

過去の言葉や行動、思考など、1つ1つの積み重ねが今の自分自身を作り上げているのです。

 

何度も耳に入ってきた言葉が滞在意識に刷り込まれ、習慣化になります。

 

例えば、「勉強ができない」と昔から両親言われてると、本当に自分は「勉強ができない」と滞在意識が刷り込まれてしまい、「自分には無理だ・・・」と思うようになります。

 

反対に、「勉強ができる」と言われて育った人は、「自分ならできる!」と思うようになります。

 

刷り込みが習慣を作り、習慣があなたという人間を作り上げているのです。

 

要約2.継続できない原因

上記の習慣化ができないのは、原因があります。

 

脳が楽しいと感じてるか?感じてないか?ということ

 

例えば、ダイエットは楽しくないけど、甘いものを食べるのは楽しい。
貯金は楽しく無いけど、買い物は楽しい。

 

この楽しいか?楽しくないか?の違いが、継続するかしないかの差となるのです。

 

 

今の自分を作っているのは、過去の習慣の積み重ねに他なりません。「人に能力の差はなし。あるのは、習慣の差」だけなのです。

 

「自分が好きなことを仕事にしたい!」という人は、その仕事を実際にやってみて、楽しいかどうか検証してみると良いですね。

 

楽しいと思えるなら、習慣化でき、好きなことを仕事にできるはずです。

要約3.習慣化を最強にするスキル

習慣化を最強にするスキルを紹介します。

 

まずは、小さな習慣を積み重ねることです。

 

小さな習慣の積み重ねこそが、人生を大きく変えるからです。

 

✔️小さな習慣とは

・早起きする
・日記をつける
・通勤時間に本を読む
・脱いだ靴を揃える
・職場の人に自分から挨拶する
・目の前のゴミを拾う

 

ポイントとして、誰にでもできると思えるような簡単なことから習慣にすることです。

 

ここで重要なのが、何を続けるかより、自分で決めた約束を守ることができたという実績を作ること

 

どんなささいなことでも、続けることで達成感を味わえ、自信に繋がるからです。

 

✔️習慣化で得た成果

・毎日ゴミを捨てたら、営業成績が上がった!
・メルマガを書き続けて、本を出版
・朝のトイレ掃除が、会社全体を変えた
(著者の研修を受けた方の実際の成果)

 

1つ1つは、小さなことでも、継続すると、とてつもなく大きな成果に変わるというのが、理解できると思います。

『習慣が10割』書評

次は、私自身の書評をご紹介

 

書評1.「目標を達成するには一度は目を通すべき」1冊
書評2.「結果を出してる人がどんな考えなのか」がわかる

 

解説していきます。

 

書評1.「目標を達成するには一度は目を通すべき」1冊

目標を立てた際には、一度は目を通しておくべき1冊です。

 

『習慣が10割』を読むことで、確実に目標達成しやすいからです。

 

過去の言葉や思考などの、積み重ねで今の自分があるという事は、目標達成する為に必要なことをこれから習慣化していけば、理想の未来が自分で作れるのです。

 

そう考えると、ワクワクしてきませんか?

自分自身で理想の未来を手に入れることができるのです。

 

目標を掲げた際は、一度は読むべき本です。

書評2.「結果を出してる人がどんな考えなのか」がわかる

結果を出してる人がどんな考え方なのか知ることができます。

 

人間の脳は「できる」と思ったことは全部できるようになっています。

と著者は述べています。

 

この文章から結果を出してる人の考えは、「自分はできる」と確信してる人が多いのだと気付かされました。

 

今結果を出してる人は、みんなが「できない」と当たり前のように思ってたことを、「できる」に変えたからです。

 

だから、根拠がない自信があっても私は全然良い!と思っています。

 

「できないだろうな・・・」と思って作業をするのと、「できる」と思いながら作業をするのとでは、同じことでも結果は全然違うと思うからです。

 

結果を出してる人の考えを丸ごと取り入れることができる、私にとってはバイブル本です♡

こんな人におすすめ

ここまで要約・書評を紹介してきました。

 

続いては、
✔️『習慣が10割』を私がおすすめしたい人

・継続することができない
・習慣にしたいことがある
・人生がつまらない
・結果を出したい

上記のいずれかにあてはまる人は、本書をぜひ読んでほしいです。

 

習慣化できない人はなぜ継続できないのか?原因を知ることが必要です。

 

原因を追求した上で、どのようにして習慣化したら良いのか?この本なら、誰でも実践できる具体的な方法を教えてくれます。

 

✔️私が習慣化した方法

私自信、継続は得意な方ではあるのですが、「どうしても手帳を活用したいけど、三日坊主で終わる・・・」という悩みがありました。

 

でも、この本に書かれている「まずは小さいことから始める」ということを知って、実践したら今では毎日手帳に書き込むことが習慣になりました。

 

私が実践した小さなこととは・・・
・1日1回でも良いから手帳を開く
という本当に小さなこと。

 

手帳を開くことで、見返すことができ、忘れてしまいそうなことがあれば、メモして置くなど、誰にでもできる単純な作業こそが、習慣化のポイント。

 

『習慣が10割』は、習慣化は誰でもできるということを学べる本です。

 

何度も言いますが、継続できない人には一度は読むべき1冊!

読めば、継続できないと思い込んでた人でも、習慣化を可能にすることができます。